胸 大きく マッサージ

バストアップにはマッサージがとても重要です。

 

バストアップマッサージのコツを調べたので、まとめました。

 

胸を大きくするマッサージの方法とは?

 

 

まず、なぜ胸を大きくするのにマッサージが有効なのでしょうか?

 

 

それは、マッサージで乳腺を刺激するからです。

 

 

乳腺を刺激することで、乳腺を発達させることができるんです。

 

 

そのため、発達した乳腺に見合った脂肪がつくようになり、バストアップができるという仕組みです。

 

 

乳腺を発達させるマッサージとは?

 

まず、タイミングとしては、胸の血行が良くなっているお風呂上がりがベストです。

 

 

マッサージ方法

 

左手を使って右の脇の下にクロスさせるように置きます。そこから胸の下を円を描くように撫で、谷間を通って左のデコルテまでマッサージしてあげます。

 

右手は右の胸の下に添えるようにし、左手と反対方面にマッサージするようにします。

 

両手で円を描くようにマッサージする形になります。

 

左胸も同じようにマッサージし、10 セットを行います。

 

上手にマッサージするためには

 

上手にマッサージするためには、クリームなどを使って滑りが良い状態で行うのがいいです。

 

また、力を入れすぎず、優しく行うのがコツです。

 

クーパー靭帯へ強い刺激を与えてしまうと、靭帯が伸びてしまって危険なので、力加減は優しく行いましょう。

 

 

※クーパー靭帯
クーパー靭帯とは、バストの形を支えている靭帯です。
一度切れてしまうと元には戻らないので、注意しましょう。

 

クーパー靭帯は大胸筋を鍛えることで守ることもできます。

 

バストは「乳腺」とそれを取り囲んで守る「脂肪」、乳腺と皮膚をつなぐ「クーパー靭帯」

 

そしてそれらの土台となる「大胸筋」で構成されていることを覚えておくと、バストアップのイメージがつきやすいと思います。

 

 

マッサージで胸を大きくするには毎日続けることが大事

 

せっかくマッサージしても、日を開けてしまうと、効果は薄れてしまいます。

 

毎日乳腺に刺激を与える習慣をつけることで、理想的なバストが手に入れられるかもしれません。

 

私がマシュマロヴィーナスでバストアップに成功した詳細はこちら