バスト サイズ 遺伝

「バストサイズって遺伝するの?」

 

バスト,サイズ,遺伝

 

 

こんな疑問を持ったことはありませんか?

 

実際私の母親も貧乳だったので、もしかして遺伝のせい?って思ったことが何回もあります。

 

実際はどうなのか、かなーり気になったので、調べてみました。

 

 

バストサイズと遺伝の関係

 

調べてみると、バストのサイズと遺伝の関係は少しながらあるということがわかりました。

 

ただ、どのくらい関係しているのかというと、約30%くらいだそうです。

 

なので、そのほかの要素は遺伝ではないということですね。

 

ではなぜ遺伝の要素が少ししかないのにもかかわらず、貧乳になってしまうんでしょうか?

 

バストサイズが小さい原因

 

原因としては、環境が大きく関わってくるというのです。

 

ストレスがかかるような環境
よく眠れない環境
食生活のバランスが悪い環境

 

こういった環境になっていないかというのを今一度見直してみましょう。

 

私もよく考えると、こういった環境になっている部分があったのかなと思います。

 

こういう環境の何がだめかというと、女性ホルモンがきちんと分泌されないということになるのがダメだと言うことです。

 

成長期に、ちゃんと女性ホルモンが分泌されていたかどうかというのが、成人後にバストサイズが大きくなるかならないかの違い。
というのが今の医師の大半の見方のようです。

 

バストサイズが大きくなった人の環境

 

今度は逆に巨乳になった人の環境を考えてみると、貧乳の人とは逆のことが言えそうです。

 

ストレスがない環境
よく眠れる環境
食事のバランスが良い環境

 

巨乳の人の環境が全てこうなのかというとそれは疑問ですが、少なくとも多少は関係あると思います。

 

このような環境で育つと、女性ホルモンの分泌が盛んになり、乳腺が発達する可能性が高いからです。

 

バストサイズは遺伝と諦めない

 

バストサイズが大きい人は、成長期の段階で、

 

乳腺が発達した
乳腺の周りに脂肪がついた

 

という人だということは間違いないと思います。

 

遺伝で30%、環境で70%であれば、環境でカバーすることも十分に可能ではないでしょうか。

 

さらに、サプリメントを使用して女性ホルモンを分泌させることができれば、成人になってからもバストアップは十分可能です。

 

私も、今23歳ですが、現にバストアップに成功しています。

 

ただ、ひとつ思うのは、もう少し成長期にしっかり寝たり、ストレスを溜めなかったり、バストに良い生活をすれば良かったかなと思いました。

 

今、成長期12〜18歳の人はまだまだ自然にバストが大きくなる可能性もあるので、頑張ってくださいね^^

 

 

⇒マシュマロヴィーナスの返金保証付きを詳しくみる

 

 

 

マシュマロヴィーナスの口コミと実際に使った結果はこちら